ラグビーノート2008

アクセスカウンタ

zoom RSS いま韓国に何か起きている?

<<   作成日時 : 2007/05/30 09:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 5月27日(日)、香港のキングスパークで「アジア3カ国対抗・香港VS韓国戦」が行われ、香港が27−20で韓国に勝ち、2位となりました。

 香港が韓国に勝ったのは1986年以来、実に21年ぶり。この試合を指揮した香港のジョン・ウォルターズ新ヘッドコーチは「長い道のりだった。これが始まり」と述べました。
 
 この結果、今年のアジア3カ国対抗の最終成績は、@日本2勝、A香港1勝1敗、B韓国2敗となりました。

 まずは香港の快挙に拍手を送りたい。しかし、それにしても、最近の韓国は一体どうしてしまったのか?昨年8月に流通経済大学のキャンパスで開催された「カンファレンス・オン・ザ・ゲーム・イン・アジア」では、「将来どうやったらアジアから2チームをワールドカップに出場させることができるか」を熱く議論しましたが、今のアジアの状態では、そういう主張もできなくなってしまいます。

 実はその会議では、こんな議論も出ました。「なぜ、ワールドカップ予選敗者復活戦では、いつもアジアの2位がトンガ(オセアニアの2位)とをやらなければならないのか。もうひとつの敗者復活戦はヨーロッパとアフリカの下位チーム同士で比較的出やすいのに」。こういうことをIRBにもアピールしていこうとした矢先の先日の発表(予選方式の変更)でした。

 明日から、何回かに分けて「アジアのラグビーの現況と将来性」について書いてみたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
いま韓国に何か起きている? ラグビーノート2008/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる