ラグビーノート2008

アクセスカウンタ

zoom RSS アジアのプライド(Asian Pride)

<<   作成日時 : 2007/08/10 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像 日本代表にミスが目立ったことを大畑主将は「空回りしてしまった」と説明した。

 背水の「アジア・バーバリアンズ」は、寄せ集めチームのもろさを出しながらも、果敢に日本代表に挑戦した。

 今だから語れることもある。7月下旬のマレーシアのコタキナバル合宿に参加した上野競技力向上委員長から最初に届いたメールは、「硫黄島、陥落寸前・・・」だった。初めて集合した「アジア・バーバリアンズ」のレベルは、想像よりはるかに低いものだった。「果たしてこれで壮行試合ができるのか」。

 いかに各国のベスト選手を集めたとは言え、元々、ハイレベルの試合経験をしたことのない選手たちだ。アジアラグビー発展のために、「アジア・バーバリアンズ」を組織するというアイデアそのものは、とても良かったが、果たしてワールドカップの壮行試合としてふさわしかったのかということにはいろいろな意見があることだろう。

 しかし、このアイデアが生まれた時に、真っ先に賛成してくれたのは、他でもないジョン・カーワン、ヘッドコーチだった。「アジアの仲間を大切にしたい。だから、アジア・バーバリアンズと壮行試合をやるべきだ」―――このひと言でこのマッチメイクが決まった。

 そして駆けつけてくれた元・日本代表の”つわもの”達が、この寄せ集めチームにひとつのスピリットを吹き込んだ。

 アフターマッチファンクションで、村田選手がこうスピーチを結んだ。
「アジア・バーバリアンズは来年はカザフスタンで合宿するので、みんなそれまでしっかり体を鍛えておくように!」。場内が爆笑の渦に包まれた。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
PRIDE テーマ曲CD
『PRIDE』シリーズで使用されているあの大会テーマ曲の入ったCDです。 ...続きを見る
PRIDE テーマ曲CD・DVDの販売サ...
2007/09/05 17:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジアのプライド(Asian Pride) ラグビーノート2008/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる