ラグビーノート2008

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港協会チェアマンからのメッセージ

<<   作成日時 : 2007/09/25 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

 今度は、香港協会チェアマン、トレバー・グレゴリー氏から応援メールが届きました。

 「今夜、日本が勝つことを期待しています。でも、これまでの活躍で、すでに日本はアジアのラグビーに誇りを与えてくれました。そして、このワールドカップ最高のトライをフィジー戦で上げてくれました」。

 「私は日本代表の試合を全部見てきました。フィジー戦は、本当に信じられないような内容の試合でしたね。試合が終わったときには、本当に悲しかったです」。

 「でもあの試合はワールドカップの評価を上げただけでなく、ラグビーそのものの素晴らしさを世界中に伝えてくれた貴重なものでした。ぜひ、みなさんによろしくお伝え下さい」。

 香港協会チェアマン、トレバー・グレゴリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
アジアからも“ジャポンコール”ですね!!カナダ戦、ドラマチックな結末に感動しました☆ジャパンは、最後まで諦めずに歯を食いしばって前に進む強さ、辛いときこそチームがひとつになる強さを見せてくれました!!勝つことだけが「結果を残す」ことだとは私は思いません。もちろん、勝たなければ得られないものはたくさんあるかもしれませんが、勝てなかったからこそ得られたものもたくさんあると思います。いつか満開になる、そんな夢がいっぱい詰まった桜のつぼみは趣があって好きです。私はこれからもずっとラグビーファンでいたいです。感動をありがとうございました。選手のみなさん、スタッフのみなさん、お疲れさまでした。徳増さんも本当にお疲れさま☆
はる
2007/09/26 03:34
>お返事おそくなりました。日本からの熱いご声援ありがとうございます。確かに今回のジャパンは、勇気を与えてくれる夢のいっぱい詰まった「桜のつぼみ」でしたね。
徳増
2007/09/30 21:44
この香港協会の人って11年のWカップの開催国として
NZに投票した可能性が高いんじゃなかったでしたっけ?
いまさら美辞麗句を、と思いました
のんたん
2007/10/02 01:37
>のんたんさん
 いやあ、とても鋭い指摘でびっくりしました。
 実は、今年の5月のアジア協会理事会の役員改選で、アジアの役員は全員新しいメンバーになっております。ついでながら、このトレバーさんはとてもお寿司の大好きな親日家です。アジアと日本の関係はこのところ急速に接近しています。
徳増
2007/10/02 03:16
徳増さん
ご返事ありがとうございます。
親日家とは・・・もうちょい早く新メンバーになってくれていたら、と思ってしまいました。
それにしてもスポーツを舞台にしたパワーゲーム、面白いですね。
大変興味があります
のんたん
2007/10/02 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
香港協会チェアマンからのメッセージ ラグビーノート2008/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる