ラグビーノート2008

アクセスカウンタ

zoom RSS アジアのラグビーが、新時代を迎える

<<   作成日時 : 2008/02/22 16:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像 2月21日、香港で新設の「アジア5か国対抗」の記者発表があり、日本からは、大畑大介選手が日本の代表として出席しました。

 この大会が注目されるのは、HSBC(香港上海銀行)という冠スポンサーを獲得したことで、この大会の運営経費がこの先3年間にわたって確保されたことです。これまでは、「アジア」の大会に冠スポンサーがつくこと自体、夢のまた夢でした。

 このような動きの背景には、昨年4月にアジア協会の古い規約が改正されて、「将来のアジアラグビー」を作り上げる民主的な組織ができたことが一番の理由としてあげられます。その後のいくつかの改革については、何度かこのブログでもお知らせしてきました。

 1999年の香港セブンズでMVPに選ばれ、香港でも人気のある大畑選手は記者会見の席上で、「この大会がアジアと世界のギャップを縮める役割を果たしてくれると思います」と発言しました。

 記念すべき新大会の初戦は、来る4月26日(土)にソウルで行われる日韓戦となります。日本でのホームの試合は、5月3日(日)に花園ラグビー場で行われる対アラビアンガルフ戦、および5月18日(日)に新潟の東北電力ビッグスワンで行われる対香港戦となります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
アジア対抗を拡大する事は歓迎したい。
ただ、各国との距離は飛び地である事が、
気になります。
花坂ラガー
2008/02/27 05:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジアのラグビーが、新時代を迎える ラグビーノート2008/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる