ラグビーノート2008

アクセスカウンタ

zoom RSS 日韓戦が残した課題と意義

<<   作成日時 : 2008/04/27 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

画像 4月26日、韓国で行われた、「HSBCアジア五か国対抗」。試合内容は、日本代表が後半に韓国に激しく追いやられて、チームとしては課題が残りました。

 ただし、「アジアのラグビー」という観点から見ると、アジアで冠スポンサーが初めてついた歴史的な開幕戦に日本と韓国の両雄が競い合い、一方では香港が20対13でアラビアンガルフを小差で下すなど、大会としては大変意義のあるスタートとなりました。

 この日、韓国協会の崔会長は韓国全土の指導者を全員スタジアムに招待し、「自分の目で、韓国のラグビーのどこに課題があるのかを見てほしい」と呼びかけました。昨年は0−82で日本に完敗していただけに、今回、日本に対して17点得点したことは、韓国ラグビー関係者の大きな自信となり、崔会長は「これを機会に、これからはもっと積極的に日本と交流していきたい」とコメントしました。

 というのも、今回、韓国代表の成長を裏付けた理由のひとつが、日本の社会人チームでプレーしている6選手が韓国代表としてプレーしていたことにもあるからです。ちょうど、昨年のワールドカップで、フランスのプロリーグでプレーしていたアルゼンチンの選手がフランスを苦しめたパターンと似ています。

 試合後に行われた両国協会首脳陣の夕食会では、「アジアのラグビーのレベルアップ」のためにも、これからは両国がもっと積極的に、コーチ、レフリーなどを含めた交流を行い、日本と韓国が一緒になってアジアをリードして行こうという基本的方針が話し合われました。

 広大なエリアに広がるアジアのラグビーをまとめていくために、まず日本と韓国がともに大きなステップを踏み出さなければならない・・・日本代表が韓国に苦戦したこの日は、その重要性を改めて確認した日でもありました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国戦ですが、前半は日本のペース(BKが良くボールを展開していいトライがあった)でしたが、一転して後半は韓国ペース。
韓国は全国の指導者を集めたんですか?それはすごい。日本も見習ってクラシックオールブラックスとの一戦にも国立を満員にするために、各県協会の関係者に声をかけるようにしてみては如何でしょうか?少しお金がかかり過ぎますかね?
単身赴任パパ
2008/04/27 23:05
徳増さん お疲れさまです。大会のために奔走されているのでしょう。生中継でなくともJAPANの試合を観ることが出来て感謝しています。勝利だけが伝わるのと現実のJAPANを感じるのでは違いますね。熟成が進むことを願って応援します。遠征に参加しなかったメンバーもまた合流して合宿練習なんでしょうか?ハードなスケジュールのなか タフに乗り切ってほしいです!!
aqua218
2008/04/27 23:16
おはようございます徳増さん。
トップリーグの各チームに義務づけられているアジア枠の実質は「韓国代表強化枠」だと思います。
アジアというのは韓国だけのことを意味しているのではありません。
「韓国以外のアジアの国の選手を入れればトップリーグのレベルが下がる」
「地理的・経済的な理由からアジア枠=韓国人選手枠になる可能性が高い」というのはアジア枠を設ける前から分かっていたことで、
アジア枠という名称は「韓国代表強化枠」という実質をカムフラージュするためのものにすぎないのではないでしょうか。
「アジアの国々に対するラグビーの普及」や「アジアの国々のラグビーのレベルを高める」ことが目的なのであればラグビー教室やセミナーを現地で開催するなど他にもっと有効な手段はあります。
「ラグビーの普及」が必要なのは、その他のアジアの国々であって韓国ではないと思います。
今のトップリーグのアジア枠は「アジアのラグビーのレベルを高める」あるいは「アジアの国々に対するラグビーの普及」という点では全く意味がないので廃止すべきだと思います。
高山晃
2008/04/28 05:59
>単身赴任パパさん
 日本協会でも、代表戦には、全国の小中高校・ラグビースクールの部員およびその引率者を2名までは無料招待しています。今後さらに徹底したいと考えています。本日、本件を日本協会のホームページでもアップする予定です。
>aqua218さん
 いつもご声援ありがとうございます。今度の5月3日はいよいよニュー・ジャパンが大阪に初登場します。応援よろしくお願いします。
徳増
2008/04/28 08:22
>高山晃さん
 ご意見ありがとうございました。高山さんと同様、私も試合後にちょっと複雑な気持ちになったことは事実です。
 アジア枠の設置については以下のような経緯がありました。
1)以前は日本の社会人チームに韓国や台湾の選手が出場していたが、近年、ニュージーランドを中心に外国人の2人の枠が使われて、彼ら近隣国の選手が出場する機会がなくなった。
2)そこで、アジア特別枠を設けてほしいという要望が韓国協会や中華台北協会などからあり、日本協会も、「アジアのラグビー発展につながるトップリーグを」という意義からアジア枠の設置に踏み切った。
3)現在は韓国選手が中心ですが、最近は、香港協会からも問い合わせがあり、アジア枠の活用は将来的には韓国だけにとどまるものではないと理解している。

 以上の流れです。アジア枠廃止論は、現時点では時期尚早かと思われますが、高山さんのご指摘される「ラグビー教室やセミナーをアジア各地で開催する」という提案と両輪で進めて行くことが必要であると思われます。
徳増
2008/04/28 08:30
こんにちは、お忙しい中、御返信有難うございます。

「アジア枠の活用は将来的には韓国だけにとどまるものではない」との仰せですが、今年の新しいトップリーグのメンバー表を見ても、韓国以外のアジアの国から来た選手は一人も存在せず、逆に韓国人選手は増えており、トップリーグ開幕時にはさらに韓国人選手が増えるはずです。

いくら「将来的にはそうではない」と言われても韓国出身以外の選手がアジア枠創設二年目で一人もいないというのは異常な事態です。

また、香港協会から問い合わせがあったとのことですが、香港では欧州や南半球出身のラグビー選手が非常に沢山活躍しており、色んな意味で香港の選手をトップリーグのアジア枠に採用するというのもおかしな話ではないでしょうか?

今の状態(アジア枠=韓国代表強化枠)が2年も3年も続くようであればアジア枠の廃止を希望します。

日本代表と韓国代表の実力が接近していることとアジア全体のラグビーのレベルの向上や普及は全く関係がないと思います。
高山晃
2008/04/28 12:07
こんにちは連続投稿失礼致します。

一時期ラグビー日本代表の強化の道筋が迷走を続けた原因も、不自然なアジア枠の存在も、日本ラグビー狂会のような一部のマスコミ関係者の品性の卑しい報道も、結局のところは今の日本人に「自分が生まれた国や公(おおやけ)のために」という心が無くなってしまったからだと思います。

「国や公(おおやけ)のことを考えれば軍国主義になるから私利私欲に生きよう」あるいは「日本国民はやめて地球市民になろう」というのが戦後の日本の民主主義のエッセンスですが、

今の日本人ほど「自分が生まれた国のために出来ることがあれば何かをしよう」という意識が希薄な国民は世界中探しても存在しないのではないでしょうか?

高山晃
2008/04/28 12:59
>高山さん
 ご指摘の最初の方のコメントは、「理念」と「現実」のギャップということだと思います。アジアの発展のために作られた制度が、隣国の強化のためになってはいても、本来の役割を果たしているのかどうかというご指摘・・・これは、もう少し長期的に見ていく必要があるのではないかと(個人的に)思います。
 もう1点、香港についてですが、「アジア」がカバーするエリアは、香港やアラビアンガルフなどの英国系の選手にも広く適用されるため、彼らもアジア人として定義づけられるところに、この制度の難しさがあります。しかし、彼らをアジア人でないということは逆の差別にもなりかねず、アジアの発展という大きな「理念」に向かって、いまの「現実」をどうしていくのか、まだ議論の余地があると思われます。ぜひ、一緒に考えてください!
徳増
2008/04/28 16:24
今晩は。長いので二件に分けて投稿させて頂きます。

アジア枠を本来の理念に沿って機能させるためには通常の外国人枠とは違い、アジア枠を一国の選手ばかりが独占しないように細かな規定を設けるべきだったはずです。

現状のアジア枠は明らかに「韓国以外のアジアの国々に対する差別」となっており、

現状を見る限り、どう考えてもこのアジア枠なるものを作った日本側の関係者は端からアジア枠=韓国枠とする思惑を持っていたのではと推測せざるを得ません。

一部の日本協会やトップリーグの関係者の方々は韓国ラグビー協会や韓国の企業ばかりに「アジア枠」というものの存在をアピールし、韓国の選手を日本に送るよう要請しているのではないか?と今のアジア枠の現状を見ると思えるのです。
高山晃
2008/04/28 22:48
個人的に私は、「外国人を自国のナショナルチームには入れない」という韓国の考え方も一つの見識であると思いますが

(「日本代表メンバー十五人中、一人日本人がいればそれでいい」と公言した今のサントリーの監督さんや地球市民化した日本のラグビーマスコミ関係者の方々等には逆に韓国を少しは見習って頂きたいくらいだと思いますが・・・)

アジア枠を作った日本協会関係者の方々や徳増さんが問題にすべきは韓国ラグビー界の排他的な考え方のほうではないでしょうか?

スポーツ関係の方々も含めて日本のジャーナリストは自国に対しては極めて厳しい目を向けますが

何故か、韓国や中国の人達の「国際社会における常識を全く無視した振る舞い」に関しては極めて無関心です。

本当の友人であれば彼らにとって耳の痛いことであっても率直に口にすべきだと思います。

「韓国のラグビー界が排他的であるから、一流の外国人が数多くプレーしている日本で韓国の選手をプレーさせてあげよう」という一部の日本人の考え方には非常に歪なものを感じます。
高山晃
2008/04/28 22:49
今晩は徳増さん、御仕事お疲れ様です。

元ラグビーマガジン編集長の村上晃一さんは御自身のブログで、「韓国の主力選手が日本のトップリーグで経験を積んでいけば、2010年の最終予選では手強い相手になる可能性は十分だ。」とトップリーグの韓国代表強化枠の効果に手放しの喜びようですが、

W杯で一勝しか挙げていないラグビー後進国、弱小国の日本が、日本よりさらに後進国の韓国の強化に力を入れ、それこそ日本が何かのはずみでW杯出場を逃すようなことにでもなればどうするつもりなのでしょうか?

日本がW杯で「決勝トーナメント進出」という確固たる実績を残してからアジアの強化に力を入れては遅いのでしょうか?どう考えても今の日本がやっていることはおかしいように思います。

日本代表監督のJKを始め、諸外国のラグビー関係者は日本が韓国代表の強化に力を入れていることをどのような目で見ているのでしょう?

今の日本のラグビー界がやっていることは、日本に経済援助を受けている中国がアフリカの国々に経済援助を実施しているのと同じようなもので非常に奇異に感じます。
高山晃
2008/04/29 21:16
いつも貴重な情報ありがとうございます。

アジア5ネイションズの下部グレード(Division-1)の大会が中国、台湾等4カ国で実施されていると思うのですが、結果はご存知でしょうか?
IRBのHP等をチェックしているのですが、なかなか情報が拾えません。ご存知であれば、ぜひ教えてください(特に中国の結果について)。
ひなP
2008/04/30 13:58
>ひなPさん
 下部グレード(Division-1)の大会のことも、よくご存知ですね!大会は6月以降です。もうじきアジア協会(ARFU)のサイトが立ち上がりますので、オープン時にはお知らせします。
>高山さん
 ご意見ありがとうございます。また回を変えて、このテーマを語り合いましょう!
>
徳増
2008/04/30 22:00
揉み手、上目遣いで、IRBの主要国の白人さん達と接している日本ラグビー協会が、アジア諸国に対して、「見下す」様な態度ではなく、本当にアジアのラグビーの普及と発展に寄与して行こうとするなら、「アジア枠」であろうと、なんであろうと、大賛成です。韓国が日本より強くなったら、その強くなった韓国に勝つための努力をすれば良いだけです。
苦言
2008/05/18 11:22
今晩は。

>揉み手、上目遣いで、IRBの主要国の白人さん達と接している日本ラグビー協会が

◆何を根拠に↑のようなコメントをさなるのか教えて頂きたいものです。

アジア枠が韓国代表強化枠となっている異様な現状に関して違和感を感じないのは苦言さんだけではないでしょうか?

韓国と日本の実力が接近していることがアジアのラグビーのレベルの向上や普及とまったく関係はないことは過去の歴史を見れば分かります。

今のトップリーグの韓国代表強化枠は、単に「日本が韓国に圧勝することが面白くない」と考える人たちの邪な思想から出たものと私は推測しています。
高山晃
2008/05/18 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
日韓戦が残した課題と意義 ラグビーノート2008/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる