ラグビーノート2008

アクセスカウンタ

zoom RSS インドネシアの小さな一歩

<<   作成日時 : 2008/04/07 19:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 先日は、ラオスの女子ラグビーのニュースをお伝えしましたが、今回はインドネシアの10人制大会のレポートです。

 ニュースが届いたのは本日ですが、大会が行われたのはほぼ1か月前の3月8日のこと。センガタ・ホンビルズというクラブチームが“新ルール”を使っての初の大会を開催したということです。

 ここでいう“新ルール”とは、10人の選手のうち8人までがインドネシア人でなければならないという、特別ルール。これは、インドネシアにとって大変画期的な試みで、大会には、5チームが参加。参加全75人の選手のうち、90%までがインドネシア人であったと強調されています。写真は、新大会で優勝を飾ったゴソウォン・ゴースツの面々。詳しくは、こちらをご覧ください。

 まだまだスケールの小さなインドネシアの大会ではありますが、アジアのいろいろな街角やフィールドで、ラグビーが少しずつ普及の輪を広げていることが伝わってきます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インドネシアの小さな一歩 ラグビーノート2008/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる