コメント記入についてのお願い

 みなさまからのコメント多々ありがとうございます。

 みなさまからのコメントは、ひとつひとつ大切に読ませていただいております。ただし、以前も本ブログでお知らせしましたが、原則として、記事が掲載された「当日」あるいは「翌日」までにいただきましたコメントは、可能な限りお返事を差し上げることができますが、それ以後になりますと、きりがなくなるため、毎回その記事に戻ってのお返事は、時間的にもできかねますことをご了承くださるようお願い申し上げます。

 また、最近、ルールその他、一般の問い合わせが本ブログのコメント欄に書かれていることがありますが、このサイトはあくまで協会に属する一担当のブログですので、協会業務一般のお問い合わせ、ご意見は、ぜひ日本ラグビーフットボール協会のオフィシャルサイトの問い合わせメールへお願い申し上げます。担当から数日以内に直接お返事差し上げるように致します。
 
 また、一点、以前からお問い合わせのありました11月1日の香港でのブレディスローカップのチケット入手方法につきましては、先日来日した香港協会のCEOに確認しましたところ、「6月に香港協会のホームページで公表する」ということでしたので、本件につきましては、国際ニュースの一環として改めて本ブログでもお知らせしたいと考えております。

 以上、よろしくご理解のほど、お願い申し上げます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

大阪人
2008年05月20日 18:00
>そもそも、日本全体でラグビーの競技人口12万人に対してサッカーはおよそ90万人。現況では、ラグビーをサッカーと安易に対比すること自体に無理があるのでは」と指摘しました。

先日上記の指摘がありましたが、そもそもサッカー人口は90万人では無く480万人ですしラグビーがサッカーの観客数を上回っていた頃も含め競技人口自体の差は縮まった事が無いのではないのでしょうか。もし今回の発言をそのまま受け取っても良いのなら集客活動を始めるもっと前に競技人口の差は明らかだったでしょうし、元々20万人すら超えたことの無いラグビーが以前何故人気があったのかに目を向けるべきではないのでしょうか?今回のコメントは何か日本ラグビー界全体を表しているようなピント外れなコメントに感じました。CAB戦も指定席ですら半数売れ残りと「週刊新潮」に載ってました。とりあえず今回サッカー関連、500円シートの成果を教えてください。見た限り収入が減っただけでゴール裏の入りもいつも通りだったような気がします。今回私自身近年見た事も無いような雰囲気の代表戦が見れると思って期待していたのでとても嫌味なコメントですがお許し下さい。
ラグビーファン
2008年05月20日 23:00
 昨年、神戸のクラシックオールブラックス戦で、初めてラグビーの試合を生で見て、以来すっかりラグビーファンになった者です。
 ラグビーファンになってからまだ1年足らずの新参者ですが、最近、本欄のコメントを読んで驚きますのは、ラグビーファンの方の中には大変”自虐的”というか、ネガティブ思考の方が多いんですね。
 すごく卑近な例かもしれませんが、たとえばSMAPは確かにみんなに人気がある。一方、個性派の俳優Aは、そのよさがわかる人にしか人気がない。でもいいじゃないですか。そのよさが本当にわかる人がAさんを愛すれば。それを他人に強制する必要はないと思いますよ。ラグビーは大変奥の深いスポーツだと思います。だから、無理にSMAPになる必要はない。ラグビーの良さがわかる人が地道に愛し続けていくことが大切だと思います。
 私はラグビーが好きだから、協会がどうしようが、チケットの値段がどうなろうが、これからもずっとラグビーを愛し続けます。
7番
2008年05月21日 00:53
毎回貴重な情報提供有難うございます。

代表選手が地元の学校に訪問し、キックや、タックルや、ラインアウトを見せたりするだけで子供は純粋に感動すると思います。

今年はW杯後の代表強化も途切れることなく行われており、月末のクラシックオールブラックス戦やPNCでは何かが起こるのでは?とJKジャパンに大変期待しています。

ボールを持って、走って、パスができるラグビーはやってみれば誰でも楽しいと思えるスポーツだと思います。協会、選手の皆様で地道な普及活動を継続して是非とも頑張ってください。週末に地元のラグビークラブ員主体でミニラグビーを開催しているのですが、出来る限り参加して、この楽しさを子供たちに伝えていければと思っています。
福田
2008年05月21日 03:38
ワールドカップを本気で招致するなら「個性派俳優B」を国民的スターにしなければ興行的に絶対に失敗する。そしてこれまで着実に拡大してきた大会に泥を塗る事になる。日本代表戦に大阪で4500人、新潟で7800人、これが本大会でポルトガル対ルーマニア戦に一体何人入るんでしょうか?フランス大会が平均42500人。ヨーロッパは6ネ―ションズなどで高額なチケットに昔から馴染みがあると思います。一方日本は今の時点で500円でも売れないチケットが7年後に2万円も3万円するチケットが果たしてどのくらい売れるのか。W杯は観たいけど…。
ラグビーファン
2008年05月21日 10:51
「個性派俳優」を一般大衆に人気のある「芸能スター」にしようとするあら無理があるんじゃないでしょうか。ラグビーはどこかのスポーツのように観客同士が敵味方に分かれて暴力をふるうなんてことはないスポーツじゃないですか。もっと奥の深いスポーツ。限られた人に愛されるスポーツ・・・そのままでまったく問題ないと思いますがね。協会の方も、ネガティブ思考じゃなく、もっとポジティブにお願いしますよ。じゃないと、楽しくなくなる。
 あと、私は別にサッカーファンじゃないですが、2002年のFIFAワールドカップでは、「アイルランドとサウジアラビアのチケットがある」と言われて、高いチケットを買ってわざわざ横浜に見に行きました。まあ、関係ない話かもしれませんが。
通りがかり
2008年05月21日 14:44
 サッカー対ラグビーの競技人口比がとても気になったので、日本サッカー協会に本日電話で聞いてみましたら、平成19年度の登録選手数は88万9千人ということでした。なにかのご参考までに。まあ、競技人口=観客数ということとは違うとは思いますけどね。それを言い始めると、バスケットやバレーボールはどうなるんだろう?
福田        2
2008年05月21日 22:20
FIFAが昨年発行した『FIFAマガジン』8月号より

世界のサッカーのインフラに関する統計値(2006年基準)が掲載されている。この資料によると、加盟207カ国で日本は480万5150人で12位。クラブ数は1000チームで42位。プロサッカー選手は976人で35位。18才以上のアマチュア選手は29万2562人。少年のサッカー人口は62万9140人。そのほか審判員では日本が世界で最も多い18万9603人。

※まずラグビーW杯はバレーやバスケの世界大会と規模が違いすぎる。
※昨年Wカップイヤーに行われた日本代表戦(CAB戦を含む)7試合で集まった観客はフランス大会の決勝1試合よりも少ない76、541人。あと7年で本大会48試合にどうやって200万人集まりますか?トップリーグですら91試合で40万人の目標なのに。このままではひょっとしなくても観客が日本人より外人の方が多い試合も出てくる可能性がある。逆に今の状況からたった7年で成功するにはJリーグの倍以上のブームが起こらなければ無理。だって昨シーズン民放の全国ネット生中継が高校ラグビー1試合のみの国ですから。
徳増
2008年05月22日 11:14
>みなさま
 多々のコメントありがとうございます。様々な意見があると思いますが、ひとつひとつ拝見させていただき、参考にさせていただきたいと思っております。
ラグビーファン
2008年05月22日 11:49
 徳増さま、いつも情報提供ありがとうございます。私たちはラグビーをあくまで楽しみで見てるので、本ブログでは今後はできるだけ「楽しい」&「おもしろい」話題の提供をお願いします。ラグビーくらい心から思い切り楽しみたいじゃないっすか!
マイナー組からの脱出!!
2008年05月22日 12:35
↑  ↑  ↑ 
そんな事言う前に君達はもっとラグビーにお金を落としなさい。
昨日発売の「楕円桜」を100枚買うとか。
私は2枚しか買ってないけど。
田舎モノ
2008年05月22日 15:05
今の日本の現状では「個性派俳優」を支持するファンの数がどう考えても少なすぎるよね。サッカー、野球のように地上波のようないわゆる“タダで見れるテレビ”の中継がほとんどないラグビー。新潟において始めてラグビーを観てせっかく関心を持ってくれても身近に部活動やテレビ中継などあとに続くモノがない。結局興味が薄れる。500円シートの成果も気になるけど3年前の震災チャリティーマッチに招待された人が今回どれだけ戻ってきてくれたかも気になる。まあ何はともあれ尾道・福留君勝ち越しおめでとう。
花坂ラガー
2008年07月07日 04:51
コメント欄が停止され残念です。

経緯を見ていたので
コメントすべき
だったのかもしれませんが、
どうも、以前のコメントでの
連投が堪えていた様で、
その気になれなかった様です。

こちらはいつコメントを
出すか出せるか解かりませんが、
多くのコメントを出したい方の為に
そろそろ再開しても
良いのではないでしょうか。
花坂ラガー
2008年07月07日 06:14
単に連投であれば
見れば解かると思いますが、
こればかりは、何か印があれば
見る方も注意できたり、
ネームのタイトル化も
可能になったりもするのでしょうが、
何か対応出来ると良いですね。
花坂ラガー
2008年07月10日 05:16
コメント欄の再開を望みます。
いつまでもこの状態が続くのは良くない。
花坂ラガー
2008年07月10日 05:51
それから、
ワールドカップの事が語られているので、
言わせて頂きます。

ワールドカップは柔軟に対応すべきです。
やはり一部共催を案をやるべきだと思います。

NZを責める事は、
事情を知っている人にとっては
酷な話です。

それから、
NZには感謝しています。
クラッシック・オールブラックスもそうですが、
1995もです。
あそこで試合がなければ、
今より納得がいかない形で
後悔していたと思います。

問題はNZ以外にあります。
花坂ラガー
2008年07月21日 07:03
上記について訂正。

[多くのコメントを出したい方の為にも]

まだまだ落字が抜けきれず、
調子も上がりませんが、
やはり、コメントすべきでないのでは、
とも思いますが、
コメントしない訳にはいかないと
その気にさせる事情が出てきました。
花坂ラガー
2008年07月21日 07:34
まだまだ交渉は始まったばかりで、
この時期に柔軟と言うのは、
誤解を招きかねないものでした。

確かに
このままでは、
日本もアジアも、
二の次、三の次のままで埋まってしまう。
その事を考えると当然だと思います。
花坂ラガー
2008年08月21日 03:02
コード(守秘義務)ということで
この様な形態になる事を
残念に思います。

どうもアジアについて
書かなくては、
伝わらない部分が
ある様ですので、
別の記事に
書きたいものですが、
先に立候補について
書いておきます。
花坂ラガー
2008年08月21日 03:03
厳選なされた記事を読むと
どうもオーストラリアが
キーのようですね。
花坂ラガー
2008年08月21日 03:15
オーストラリアは、
2003年ワールドカップで
暖かく歓迎してくれました。
しかし、それが、オーストラリアだけでなく、
ニュージーランドであったのかもしれない。
もしくは、両国から歓迎されていたかもしれない。
その様に考えると複雑なものです。
花坂ラガー
2008年08月21日 03:49
2011ワールドカップの
一部開催を引き受け、
2015もしくは2019に
日本・ニュージーランド一部開催案、
日本単独案もしくは、
日本・アジア共催案、
その案に横槍を入れたと
憤る事も可能なのでしょうが、
やはり2003年の事を考えると、
複雑なものになる。
花坂ラガー
2008年08月21日 05:20
オーストラリアの共催案は
それだけでは、
とても受け入れられるものではありません。

しかし、
いわゆる共催で
考えられないだろうか、
と言われ思い出される
ものがあります。

2003ワールドカップ、
ニュージーランドの分
開催分です。
花坂ラガー
2008年08月21日 05:23
ニュージーランドには、
その分を当然の権利として
主張したい筈ですし、
2011の開催を強くこだわった
理由であると思われます。

つまり、仮に
プールラウンドの分のみで示すならば、
ニュージーランドは
今回の4と
前々回のワールドカップの
共催分の2を
あわせた6を求めたい筈です。

オーストラリアを2とし、
日本を4、
として案はないかと考えれば、
3大会分で収まります。

同じエリアで
連続開催しても良いならば、
幾つか案が出てきます。
花坂ラガー
2008年08月21日 05:25
まず、日本とニュージーランド
一部共催を軸とした案。

2011年
ニュージーランド 3
日本       1

2015年
ニュージーランド 2
オーストラリア  2

2019年
日本       3
ニュージーランド 1
花坂ラガー
2008年08月21日 05:26
オーストラリアが
日本とニュージーランドの
大会を支援する案。

2011年
ニュージーランド 3
日本       1

2015年
ニュージーランド 3
オーストラリア  1

2019年
日本       3
オーストラリア  1
花坂ラガー
2008年08月21日 05:28
上記の案では
ニュージーランドの大会が
2大会続く事になる事と、
2011年の対応が
急である事を考えた案として、

2011年
ニュージーランド 3
オーストラリア  1

2015年
ニュージーランド 2
日本       1
オーストラリア  1

2019年
日本       3
ニュージーランド 1

等が考えられます。
花坂ラガー
2008年08月21日 05:29
もっとも、
ニュージーランドとオーストラリアは
日本より近いので
プールラウンド単位ではなく
1試合単位で可能かもしれません。
花坂ラガー
2008年08月21日 06:39
そもそも、ワールドカップは
ニュージーランド、オーストラリア勢の
強い主張を受け、
85年、IRBパリ理事会で
第1回ワールドカップの
87年開催が決まったとされていて、
現在の20カ国の
プールラウンドのシステムも
2003年、
オーストラリア大会からですから、
その経緯からも、
オーストラリアの意図は何でしょう。
花坂ラガー
2008年08月22日 19:05
もっとも、こういった数字以前に
ニュージーランドが応じないといえば、
それまでです。
花坂ラガー
2008年08月22日 19:25
日本もしくは日本・アジア、
ニュージーランドの大会に
オーストラリアが
手を貸してくれるだけならば、
一考の価値はあると思いますが、
果たして意図はどの辺りにあるのか
わかりません。
花坂ラガー
2009年01月01日 07:55
どうもパソコンの調子が悪く、
コメントが出せず、
今に至ってしまいました。
現在もそんなに良くなく
リスクがありますが
閉じる前にコメントを出しておきます。
花坂ラガー
2009年01月01日 07:59
ブログを閉じるというのは非常に残念です。
また、再開される事と
新たな発表の場に期待しております。
花坂ラガー
2009年01月01日 08:01
閉じる前にコメントしておきます。

ワールドカップの組み合わせが決まって、
日本との一部共催する様な事は
今のところはない様ですが、
その可能性は低くとも
持ち続けるべきだと思います。

しかし、
関心がなければ、
開催する意味がない。

枠組みだけ組み立て用意しても
肝心なものがなければ意味がない。

また、関心があってもそこに至るまででないと
この案ですら、負担が大きいのではないかと思います。
花坂ラガー
2009年01月01日 08:27
リスクや負担を減らして
ワールドカップを
なんとか行う事が出来ないだろうか。

例え失敗しても立ち直れるチャンスがある。

それが出発点です。
花坂ラガー
2009年01月01日 08:49
しかし、関心がなければ意味がない。
1995、1999、
なぜ年号なのか、
他の呼び方を考えれば、
あるかも知れません。

しかし、年号でなければ
2003、2007、
の意味がありません。
花坂ラガー
2009年01月01日 08:55
どうも、その関心がそこまでに
至っていないのでしょうし、
肝心のものもまだない。

その事を現HCも
以前、語っていて、
不満を述べています。
そしてそう思います。
この状態では、
部分共催も厳しい。
花坂ラガー
2009年01月01日 09:02
ラグビーは何かにおいて平等であり、
その何かを探る行為の結果が
テストマッチであるべきです。

それは大会に置いてそうである事は、
リムが証明しています。
花坂ラガー
2009年01月01日 09:04
[訂正]
それは大会に置いてもそうである事は、
リムが証明しています。
花坂ラガー
2009年01月01日 09:09
近年、ワールドカップによって
テストマッチの位置付けが、
非常に揺らいでいますが、
そもそも、その辺りは曖昧と言えば、
曖昧なのですし、
揺らぐものと言えば、
揺らぐものなのでしょう。
ですから、
その事は変わらないでしょう。
花坂ラガー
2009年01月01日 09:22
脱蛮要求が強く、
高いレベルでの
理性を求められる中での
平等ですから、
最近言われるような事が
あるのでしょう。

時と場合により
重視軽視はありますが、
考慮される一つの条件であったはずです。
花坂ラガー
2009年01月01日 09:36
リムがあって、P5N、PNCがあったと思います。

さらに、もう一方でP’SCにかわる大会の声もあるようですが、
果たして両方開催など可能なのでしょうか。
それとも歴代エイトとの
テスト要求なのでしょうか。
わかりません。
花坂ラガー
2009年01月01日 09:58
PNCは続けて欲しい
残して欲しいとは思いますし、
歴代エイトとのテストもあった方が
良いとは思いますが、
それとP’SCも
果たして可能なのでしょうか。

それに要求されるでしょうか。
花坂ラガー
2009年01月01日 10:10
プレーオフに関しても関心があれば、
この様になるのであるならば、
オセアニア2位を加えて、
トロフィーを開催する事も
有力当事国・地区で話し合えば
可能なのでしょう。

しかし、ワールドカップ出場からは
遠ざかる。
花坂ラガー
2009年01月01日 10:34
総当りでワールドカップ出場1を
選出する事も可能なのでしょう。

しかし、
オセアニア2位に
なるであろう
その国はトンガから
ワールドカップ予選で
10点を取っています。

またその国は、
1勝1敗で得失点差で
トンガとのを獲ています。

その国の
1敗した対戦相手は
人数の違うラグビーの
ワールドカップ本選で
トーナメント進出した程の国です。

ワールドカップの
出場は難しくなる。
花坂ラガー
2009年01月01日 10:49
しかし、トンガから10点取っている事は、
認めなくてはいけません。

少なくともトライが一つある。
花坂ラガー
2009年01月01日 10:57
[訂正]
トンガとのワールドカップ出場決定戦を獲ています。
花坂ラガー
2009年01月01日 11:05
また、出場枠を獲ったのもオセアニアです。
花坂ラガー
2009年01月01日 12:19
トロフィーの開催は
ラグビーの拡大から
望ましいとは思いますが、
果たして、このような状況で
関心を持っているかどうか。
花坂ラガー
2009年01月01日 12:32
プロ化に関しても
人数にこだわらずに関心があって、
実力などの条件が揃えば、
出来ないことはなかったはずですから、
結局そのあたりから、
今に至っているのでしょう。
花坂ラガー
2009年01月01日 12:45
スーパーに関しても
この点からもアプローチしなければ、
実現しないのかもしれません。
花坂ラガー
2009年01月14日 00:42
現状でワールドカップ開催を
期待できるのか、
だたでさえ重い負担であり、
2003ワールドカップの様なものもなく、
またそこまで至っていない。

可能性は低くとも持つべきであり、
秋のテストマッチは2勝したが、
それでもギリギリではないか。
果たして、これで負担の少ない
開催が可能なのかどうか。

受け入れる準備はして置いた方が良いが、
あまり期待すべきではないかも知れない。
花坂ラガー
2009年01月17日 23:26
ワールドカップは開催する意味がある。
1991から1995の間に
何が膨らんで、何が弾けたか、
1995
この年だけを見ても、
何が起きたか、
影響がなかった訳ではないでしょう。

全くの無関係であるならば
開催してもかまないでしょう。

関係あるとすれば、
なおさら開催すべきでしょう。

チャンスが無いならばともかく、
あるのであれば、
開催すべきでしょう。

しかし、
関心が無いならば意味がない。
関心がなければ、
それはチャンスを
得られていない事になる。
つまり、意味がない。

開催する意味はある。
チャンスはあるか。
花坂ラガー
2009年02月01日 04:23
脱蛮要求に関しては、
各人でそれぞれ思うところがある様です。

何故なら、
脱蛮要求に見せかけた、
脱蛮強要とエスカレートし
単に強要になっていき、
見過ごされましたから、
これにかこつけて殺人未遂を行為や
傷害事件を受けたと
見受けられるくらいですし、
今なお続いていますから、
これは言って置かなければ
ならないでしょう。
花坂ラガー
2009年02月01日 04:25
脱蛮要求は必要でしょう。
しかし、あまりやり過ぎたため、

どうせ脱蛮強要は止む事は無いだろうから、
こういう事をやってしまえとやって、
現在に至っている所がありますから、
それがいまだに続いていけている事の
意味が変わるでしょう。

つまり、回帰はせず、
見直しが始まると言う事なのでしょう。
花坂ラガー
2009年08月02日 18:55
まずは開催決定おめでとうございます。

しかし、それだけでは喜べません。
以前からコメントして上記もしていますが、
ワールドカップが出来るんでしょうか、
負担の事を考え、その影響を考えても、
その様に思います。

2度目の挑戦を強調されていますが、
2大会敗れて3大会目に開催ですから、
大会から見れば3度目の正直です。

また、以前には、
日本・ニュージーランド・オーストラリアで
ワールドカップ開催を目指した事も含めれば、
誘致に置いても3度目の正直になるのでしょう。

どこかで忘れていなかったのか、
調べていたらハッキリ出て来ました。

当時はあの衝撃の後で
立候補する事すら無理があると
思われた誘致です。

そこから考えれば、
喜び様も解かるのですが、
そこから考えるからこそ、
2011一部開催案で
すべきだと思います。

共催が非常に難しいとは思います。
関係各国との調整が難航するとも思います。
それでも、様々な負担の事を考えると
出来るのであれば、
2011一部開催をした方が良いと思います。
花坂ラガー
2009年08月12日 05:37
忘れようとしても
どこかで忘れられないものだ。
花坂ラガー
2009年08月12日 05:38
忘れていても
どこかで忘れていないものだ。
花坂ラガー
2009年08月12日 06:15
アジア枠、アジア代表と言っても
過去の実績を見ても日本である。
そうであるならば、
真のアジア枠を獲得するのは我々だ。
そう意気込んでいた人々を
忘れていない。
花坂ラガー
2009年08月12日 07:19
アジア大会での敗北を忘れていない。
特にセブンス。

アジア大会の次は
セブンスワールドカップで実績をつくり、
アジアを存在させ活性化させる。
そう意気込んでいた人々を
忘れていない。

そうでなければ
あの様に言わない。
花坂ラガー
2009年08月13日 05:04
アジア大会については
直接は知らない、
しかし、その意気込みは伝わって来た。
長期に渡って影響力はあったのが、
セブンス。
花坂ラガー
2009年08月14日 06:20
11年前の決勝でのスコアは結構効いている。
セブンスでは何が起こるか分からないが、
その後も続けて負けている。

直近のアジア大会での試合が、
あれだけ激戦になった事が
物語っている。
花坂ラガー
2009年08月16日 17:49
セブンスワールドカップは、
オリンピックに参加すれば
無くなる様だが、
そうなると
セブンスワールドカップでの事が、
今まで以上に忘れた事に成ると思えるが、
果してそれで良いのか疑問視している。

セブンスワールドカップを存続させる
反応が無いのは疑問だ。
花坂ラガー
2009年08月16日 18:03
2016を無くすのであれば、
2014、2018に移して
開催を主張しても良い筈。
アジアどころか世界だが、
その意識があるのか疑問だ。
花坂ラガー
2009年08月18日 06:48
また、新しい文化が
新たな歴史を作るのだと
主張していた事も忘れていない。

確かにそうだが、
その機会を逸している。

成功していれば、
関心の得られた
今で言うセブンスシリーズが
各国・アジアで
存在したかもしれないが、
そうではなかった。

これは残念である。

今までに関心を得る為に
行ってきた枠組み作りも
あった筈であるからだ。
花坂ラガー
2009年08月20日 05:04
これからやりますと言うのであれば、
ラグビーブログで言うのは
おかしいかも知れないが、
鎧を着て楕円球を扱う
球技の方がお薦めなのかもしれない。
花坂ラガー
2009年08月20日 05:07
ラグビーは投資をしないのかと尋ねるが、
あの球技は投資をすると言っていた。

セブンスと同様に
あの球技でも同じ様に
繰り返そうとしつつある。

2年経っているが
なんの音沙汰もないのが残念だ。
花坂ラガー
2009年08月20日 05:15
ラグビーでこの様に言う
試合の根拠を
説明するのは難しいが、
あの球技であるならば、
あの試合があったからだ!
と言えるだけのものを
獲得しているにもかかわらず、
それについて何も無い事は残念で、
それを繰り返すのであれば更に残念だ。
花坂ラガー
2009年08月20日 05:30
何らかの事情がある様ではあるが、
関心のある専門家が採り上げても
良いものである。
花坂ラガー
2009年08月20日 05:55
ほとんどの人々はその事を知らない。
花坂ラガー
2009年08月20日 06:09
その為知らせる必要が
あるではないかと思うのであるが、
普段、友交・親善を詠っている専門家や
スポーツで交流を等と
先頭立って言って来た方々が
採り上げない事に驚きだ。

何らかの事情に配慮しているのかも
知れないが、あと2年で次の大会だ。
花坂ラガー
2009年08月20日 06:30
試合の映像とその試合の感想で一本、
次の大会以降への想いだけでもう一本、
好評であれば役者を使って一本、
映画や番組が出来そうなものだが、
残念ながらそういう事は全く聞かない。
花坂ラガー
2009年08月22日 15:57
あれだけの材料があるにもかかわらず、
だれも拾わないのは驚きだ。
花坂ラガー
2009年08月22日 17:07
セブンスにしても
ラグビーはいわゆる
ラグビーの後退についての
検証をしなくてはならず
時間がかかる。

それは友好・親善を詠うのであれば
絶対に避けられない。
花坂ラガー
2009年08月22日 17:25
一方で過去の実績から、
セブンスでは
今風で言うところの
ガチ勝負になり
バチバチに火花が、
散る事になるでしょう。
過去の事を無視するのであれば、
なお更激しくなる。
その事からも調整しなければ
えらい事になる。

対立意識、対抗意識は
過去の実績から来ている。

しかし、どうも反応が良くない。
対立とは言え、
そこを軸に出来れば、
対立軸として上手く行く事も可能だろうが、
軸受けがしっかりしていなければいけない。
その軸受けとなるものが
存在しないらしい。

いわゆる、忘れてしまったのかという事と、
受け入れ態勢が無いという事。

こちらはあるであろうと思っていたが、
どうもそうではないらしい。
花坂ラガー
2009年08月22日 17:28
アジアカップは
2012年オリンピックで
公開競技として
開催されるのであれば、
正にオリンピックを
決める決戦になり止める訳にはいかない。

しかし、
そういった勝負にこだわった試合だけでなく、
どうも、友好・親善を目的とした試合を求めていて、
ラグビーの環境に対しての投資を求めていて、
先に言った受け入れ態勢の様なものを
作りたい様に見受けられます。

一発のでかい花火であるワールドカップよりも
継続性のあるシリーズの形成を優先したい様に見受けらます。
花坂ラガー
2009年08月22日 17:48
セブンスや13人制といった、
いわゆる、走るラグビー、
ランラグは日本では見る文化が無い。

見る文化が受け入れられなかった背景がある。

その背景にセブンスワールドカップの
過去の戦績の解析や
共有認識が得られなかった事が
影響している事がある事を忘れていない。
アジアカップにこだわった理由もそこにある。
花坂ラガー
2009年08月22日 17:59
セブンスの成績をどう受け止めて良いか
当時分からなかった人があまりに多く。

さらに忘れているならまだしも、
知らない人も多い。
花坂ラガー
2009年08月22日 18:43
そういう人からするとセブンスは存在していない。
花坂ラガー
2009年08月22日 19:02
事実、TV放送をセブンスも13人制も
今回のワールドカップを放送していない。
人気がある訳ではない。
花坂ラガー
2009年08月24日 06:48
ベストエイトについては、
あのラッキーエイト、
またはラッキーカップイン、
IRBのアーカイブにも
エッジと記されている
レジェンド。

確かにエイトはエイト。

1日目2敗で日本と同じ。
2日目1勝1分の得点差での進出。
組み合わせに恵まれた
ラッキーエイト。
とはいえ運も実力の内。


それに対して日本は、

2日目は前回大会の
ベストエイトで
プールラウンド首位という相手
いわゆる
アンラッキーボウルファイナル。

対戦相手も
カップセミ、
プレートゲットと
この大会の
激戦プールだった事を
言って置きます。

前回大会が
ボウルゲットでしたから
後退と受け取られ
注目されなかった様で
この様に
詳しく見ない限り
パッと見では、
評価出来ないものでした。


それゆえに
アジアカップは、
どちらが運に関係なく
本当に強いのかを
ハッキリさせる
位置付けの
数少ない大会。