テーマ:ラグビー語録

ラグビー語録(6)スターリング・モートロック

 7月1日のブレディスロー・カップでは、ワラビーズが20-15で、オールブラックスを下しました。8万人近い大観衆の中での、ワラビーズのオールブラックスに対しての3年ぶりの勝利。  試合後のモートロック主将のひと言。  「大観衆が僕たちを応援してくれるのを肌で感じ、つくづくホームの試合だなって思いました」。(A great c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー語録(5)リッチー・マッカウ

 オールブラックスのキャプテン、リッチー・マッカウ。先週の3か国対抗では、26-21で南アフリカを下しました。  「南アフリカとの試合は、とにかくフィジカル。勝敗の結果にかかわらず、試合が終わった時には、体中が腫れ上がっている」。(When you play against South Africa you know you’re…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー語録(4)グレン・マーシュ

 ジュニア・オールブラックス戦は雨の中を秩父宮ラグビー場に1万4千人の観客が来場する中、日本代表の健闘むなしく3-51で負けてしまいました。  今朝のデイリーヨミウリのタイトルは、"Finishing School"(卒業)。「さあ、授業は終わった。あとはいよいよ本番」という意味。  さて、試合後のグレン・マーシュのひと言で…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ラグビー語録(3)マイケル・ジョーンズ

 16日に仙台で日本代表と対戦するサモア代表が昨日、来日しました。サモア代表を率いるのは、元オールブラックスのフランカーとして大活躍したあのマイケル・ジョーンズ氏(55キャップ)。ジョーンズ監督は、サモアの出身です。昨夜、都内のホテルにて。  「サモアのラグビープレーヤーはお金のためにプレーするのではなく、自分の家族のため、祖国の…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more

ラグビー語録(2)ジョン・カーワン

 日本代表ヘッド・コーチ、ジョン・カーワンの最もインパクトあるひと言といえば、これしかないでしょう。  “WE MUST BELIEVE”  単純かつ力強い響き。  私は、JKの日本での初の記者会見の時に通訳を務めましたが、その時に、この言葉が飛び出てきました。「自分たちのラグビーを信じよう」というメッセージ。伏見工業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー語録(1) ウエイン・スミス

 ラグビーにまつわるいろいろな”名言”を紹介するコーナーを始めます。できる限り、英語のオリジナルも紹介するようにします。  第1回目の今回は、今日(6月2日)のフランスとのテストマッチを前にしてのオールブラックスのアシスタントコーチ、ウエイン・スミス氏のひと言。  「フランス代表と試合をするときには、予測できないことが起きる…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more