「ワールドカップ招致サイト」へ

 2007年5月27日から始めましたこの「ラグビーノート2007&2008」も、とりあえず今月を持って終了させていただくことになりました。  当初は「国際ニュース」にまつわる話題、日本協会の公式発表には至らない“小さな話題を”少しずつ紹介することを目的にこのブログを開始しました。  しかしながら、来年1月からはいよいよ「ワー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RWC2011組み合わせ決まる

 本日(12月1日)午後3時から、ロンドンの特設会場(写真)にて、ワールドカップ2011年の組み合わせ抽選会が行われ、アジア代表は予選プールAに入り、ニュージーランド、フランス、トンガ、アメリカ第1代表と対戦することになりました。  他の組み合わせはIRBのホームページをご覧ください。この時期になぜ、しかもロンドンで発表されたのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月ウインドウ・マンスについて

 IRBは、毎年6月と11月をいわゆる“ウインドウ・マンス”(window month)として、主に北半球と南半球の代表チームの交流期間と認定しています。今回は11月のウインドウ・マンスの経緯について書いてみました。(読者の方からご質問があったので、それにお答えする形で書きましたが、一部調査不足の部分がありましたので、改めて書き直しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPO法人グリーンバードによるラグビー場のごみ拾い

 先日は、本ブログで秩父宮ラグビー場の女子トイレ改善の試みについて紹介しましたところ、通常の記事の倍近くのアクセスがあり、その反響の大きさに驚かされました。  さて日本協会では、NPO法人グリーンバードとともに、外苑前周辺のごみ拾いを定期的に行っています。  今回のアメリカ戦でも会場内でみなさんがごみ拾いをする姿が目についた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある小さな小さな試みーー女性に優しいラグビー場

 日本代表がアメリカ代表に快勝し、きょうはとてもすっきりした気分でのブログ更新です。  昨日のテストマッチでは、秩父宮ラグビー場で、いろいろな新しい試みがなされましたが、そのうちの、ひとつを紹介しましょう。それは、バックススタンドに、「JRFUメンバーズクラブサロンテント」を設置し、そのすぐ横の女性トイレに小さな工夫をし、みなさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールが新たにアジアトップ5へ

 本日、台湾の台南スタジアムで行われたディビジョン1「中華台北対スリランカ戦」で、中華台北が激しいディフェンスでスリランカの攻撃を寸断する一方、テンポのいい攻撃で、35対23で勝利をおさめました。  この結果、13日に中華台北に勝ったシンガポールが1勝1分で首位に立ち、来年の「アジア・ファイブネーション」のトップ5入りを決めました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア・ファイブネーション・ディビジョン1に波乱が

 現在、台湾の台南で行われている「ディビジョン1」では、シンガポールが初戦で"優勝候補“のスリランカに20対20で引き分けた後、本日行われた試合でも、もうひとつの”優勝候補“中華台北に23対22で逆転勝ちし、最終戦(15日)の結果によっては、来年のアジア・ファイブネーションのトップ5に昇格しそうな勢いとなりました。  この結果、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U20/アジア大会は韓国が優勝

 11月3日(月)から10日(月)まで、韓国で「ラグビーU20/アジア大会」が開催され、 開催国・韓国が19-11で香港を退けて大会2連覇をとげました。  この大会はジュニア・ワールド・チャンピオンシップ(JWC)のひとつ下位の大会である「ジュニア・ワールド・トロフィー」(来年ケニアで開催)の予選を兼ねた大会で、JWCに出場する日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このところちょっとバタバタの毎日です

 またもブログ更新がおそくなり、すみません。先月末30日から11月2日までは、香港に出張し ていました。  香港では、オーストラリア、ニュージーランド両協会の首脳陣と続けて会議を持ち、ワールドカップ招致に関してのヒアリング活動をしました。オーストラリア、ニュージーランド両国とも、北半球(ヨーロッパ陣営)に対抗して"アジア・オセア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経済不安がワールドカップに与える影響

 このところは、経済不安の話題ばかりが続きますが、昨日の外電によると、イングランド協会のCEOフランシス・バロン氏が、「現在の条件では、イングランド協会は、2015年ワールドカップの招致から撤退しざるを得なくなった」と発言しています。  バロン氏は、「新しい条件がIRBから提示されてから大会収支を試算してみたが、現在の経済状況を鑑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョン・カーワン氏、HSBCラグビー大使に就任

 アジア・ファイブネーションのスポンサーでもあるHSBCは、このほど日本代表のヘッドコーチであるジョン・カーワン氏と「ラグビー大使」契約を結びました。カーワン氏は今後、HSBCと協力し、アジアにおける国際ユースラグビープロジェクトにも協力していく予定です。  HSBCは現在、複数の国際的なラグビートーナメント等のスポンサーを務めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポンドやユーロがどんどん下がる!

 このところ、新聞の経済面を見るたびにポンドの対日本円為替レートがどんどん下がっています。  去年フランスでワールドカップが開催されていた頃のユーロは170円台でしたが、今では120円台。ポンドも当時、1ポンド250円で地下鉄の初乗り(4ポンド)が1000円もして驚いたものでしたが、そのポンドも今では160円台。  2011…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まず『できる』と思うところからスタートしよう」・・・画家の岡部文明さんのお話を聞く

 上田昭夫さんのご指名もあり、昨日18日は秩父宮ラグビー場の「東芝対NEC」の試合の場内FMを担当させていただきました。上田さんに、テレビ神奈川の解説が入ったためのピンチヒッターでした。  レギュラーの大元さん、ズッキーさんのアシストがあって、なんとかこなせたものの、最近はなかなかひとつの試合を最初から最後までじっくり見る機会がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いま10秒だけ喜ぼう」・・・村田亙監督の話を聞く

 来年3月にドバイで行われる「セブンズワールドカップ」に、見事出場を決めた7人制日本代表。今日は、打ち合わせのために日本協会事務局に来た村田監督をつかまえて、本ブログのために、ジャパンクラブで話を聞いてみました。  「準決勝で中国に勝ったとき、これでワールドカップへ行けるんだと、ホッとした気持ちになれました」という村田監督。グラウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジア理事会執行部会開かれる

 ワールドカップ男女同時出場が決まった昨日から一夜明けた6日、選手団は午前便で帰国しましたが、香港では朝8時からアジア理事会執行部会が開かれました。  この1年間というもの、アジア理事会の主要テーマは、規約改正と、新規に始まった「アジア・ファイブネーション」の運営関係がほとんどでしたが、大会運営もやっと落ち着き、早くも2年目に向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男女ともにアジアNO1、そしてワールドカップの出場権を獲得!

 「前が空いていたので、いけると思って、思い切り行きました」と語ったのは、この9月30日に19歳の誕生日を迎えたばかりという最年少の鈴木彩香選手(釜利谷クラブ)。それまでもっぱらパスプレーに徹っしていた鈴木選手の突然のランプレーに、カザフスタンの選手はふいをつかれて棒立ち。40メートル走りきって右スミにトライを決めました。  準決…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国破れる------波乱含みのセブンズアジア予選

 台風到来で、開始時間が1時間半早められた「セブンズワールドカップアジア地区予選」初日は、波乱の多いスタートとなりました。  最初に起きた波乱は、女子日本代表のアンジェラ主将が初戦の対中華台北戦で鎖骨を骨折して、本大会では、残りの試合に出場ができなくなってしまったこと。その影響もあってか、女子日本代表は、予選プールでタイ代表にまさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「女子ワールドカップ」および「ジュニア・ワールド・トロフィー」の開催国決まる

 IRBの発表によると、2010年の「女子ワールドカップ」の開催国はイングランドに決定。開催地についてはドイツからも立候補がありましたが、今回はイングランドに決まりました。  女子セブンズ日本代表も、このほど、10月4日から香港で行われるセブンズアジア予選に出場しますが、この大会の予選には世界中で83カ国の女子代表チームが参加して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この1週間のご報告

 先週は何かとバタバタした1週間でした。22日(月)と23日(水)は、IRBの担当者とともに、「ジュニア・ワールド・チャンピオンシップ」の打ち合わせで、丸2日とも、会議で缶詰になりました。  IRBのマーク・イーガン氏を驚かせたのは、短期間での日本協会の組織化ぶり。会議は、それぞれの担当スタッフがIRBのマーク・イーガン氏と、トー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ジュニア・ワールド・チャンピオンシップ2009」の打ち合わせ会

 先週に引き続き、今週もIRBから関係者が来日しての会議が続いています。今回は、来年6月に日本開催が決まった「ジュニア・ワールド・チャンピオンシップ(JWC)」の打ち合わせで、来日したのはIRBから大会担当のマーク・イーガン氏と、トーナメント・ディレクターのフィリペ・ボダーリア氏。  JWCは、日本協会が初めてホストする大がかりな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more